ガンダム

2010年9月18日 (土)

地酒の会にて

F1000600 逆光で、暗いのですが島根県の『月山』の吉田君です。吉田酒造㈱の御曹司。マジメにお酒を造ってらっしゃいます。同世代の酒屋で作った”ファンタジスタの会”で最初に手掛けた商品もこの月山でした。

島根県のお酒はどちらかというと熟成感があり、軟らかいんですね。そして、肝心の酸が効いています。

彼が最初に造ったという、純米吟醸・佐香錦(さかにしき)は香り抑え目でけっこうふくよかでした。そして後味がしっかりとした酸で締まっていた感じ。彼の名言ですが、『僕は酸っぱいお酒が好き』というのが、なんとなくこの頃わかってきました。酸っぱいは言い過ぎでしたけどね

そして純米酒・神の舞(かみのまい)でも同じく酸の使い方がうまいと感じます。燗にすると軟らかさが倍増しますが、僕は冷の方が良いかな。

吉田君は、島根県の酒造好適米を推しており、佐香錦(さかにしき)と、神の舞(かみのまい)を使っています。やっぱり地元の島根ラブなんですね。えらい!!

F1000601 こっちは映りの良い、島根県の『李白』の田中君です。前にも書きましたが、李白酒造㈱の社長さんです。先代を亡くされてもがんばっています。ニヤケてますがでも醸す酒は旨し。

こちらも赤い酒のCARO華露(かろ)を造ったりしています。古代米の紫黒米を使う事で赤い色が出るんですが、それではまだ普通だということで、花酵母を使ってさらに香りを赤色の酒として強調させて拘っていたりします。結構、遊び心がいっぱいなんですね。味はすっきり。李白も熟成感があるタイプなんですが、このCAROは違ってフレッシュさも。でも、僕は目から入る情報が基本なのか、どうしてもロゼワインの口になってしまい、ワイン独特の強い酸を想像してしまうので中々リアルな味わいが判っていないのが実情です。すんません

この時期、いろいろな試飲会が目白押しです。季節の変り目で、日本酒は夏が終わって良い感じになった『ひやおろし』が出ます。ワインではヌーボーの予約締め、芋焼酎は新酒。そんなこんなで試飲会が多いようです。しかーし、試飲会ばかり出ても売れなきゃしょうがない。知識を蓄積するには必要だけど、そこらへん、気をつけないと。わかるかな、営業諸君!!

まぁ、がんばりましょう。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

日本酒の会にて その3

F1000489 えーと、作(ざく)(ZAKU)です。この名前を聞いただけでゾクゾクするのは僕だけではないはず!いやぁ、ザクザクか

僕の世代はガンダムの”ファースト世代”とアキバ系では呼ばれます。今ではガンダム何チャラとたくさん出てきているのですが、一番最初のファンだから、ファーストなんですね。小学生の頃、ガンプラが欲しくて長蛇の列並んだり、大人の店主に無理な抱き合わせで購入させられたり。。。。そんな熱い時代を彷彿とさせるシリーズの敵側の量産機の名前がこの”ザク”なんです。このガンダムシリーズの流行はバカに出来ないもので、僕は大人になって昔買えなかったフィギャア類をまとめ買いしています。まぁ、このような世代がちょうど同じ行動をとっているもんだから、1年前位まではガンダム関係者も景気が良かったはずです。版権は現在バンダイが持っていて、今までいくら投資したかわかりません。なんて事が頭をよぎりましたが、、、、

でも話を聞いてみると、どうやら違うらしい。。。。残念。。たぶん色々問題があるんでしょうね

実はこの存在、前々からは知っておりました。というのは、以前にも載せましたが、地酒の大先輩である酒屋さんの長谷川さんがやっている銘柄です。今大会のFIFAのお酒もこの名前で造っていたはずです。蔵の名は清水醸造㈱。三重県鈴鹿市で、思い浮かぶモノといえばF1ですよね??関係ないのだけれども、酒蔵さんがあるとは。ただ交通の便が悪いのは聞いていました。地図で調べると、県庁所在地である津市より北で結構海に近い様子。東京からだと新幹線と在来線を乗り継いで結構時間がかかりそうです。

F1000488 この試飲会の後、早速、お電話を頂きました。やるなら資料送りますと!意外や意外。結構、地酒さんが担いでいるお酒って門戸が狭く簡単なものじゃないんですよね。という苦労を随分してきましたからびっくりデス。もちろん、ウチでも試飲会をして熟考を重ねてからになりますが、挑戦したいと思っています。でも、一度蔵元さんへ行かねばなりませんね。思い入れも変わってきますし

今回は、かなりたくさん飲んで回った試飲会だったのですが、とりあえずこの3部作で終了です。いやー酔っ払いました。昼の酒は効きますねー。この後も仕事が入っていたのですが、なんとか商談しました。ここに書いたらバレちゃうな。でも、印象深いのやっぱり”千代むすび 強力”かな。だんだん味が濃いタイプに寄っていっている気がします。ネットショップの方も少し整理しまーす。

追伸:この”作(ザク)”の清水醸造㈱の営業さんの名前は万代(バンダイ)さんでした。ちょっと出来すぎた話ですが本当です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

日本酒の会にて その2

F1000492 仮面ライダー現る!!なんてなっ!

試飲会の中で、蔵元さんによっては地のモノを持って来ている処もありました。これは、イナゴの煮付けです。食べた事ありますか??僕のブログ、最近、ツバメだの蛇だのと続いていましたが、とうとう昆虫料理まで手を出してしまいました。でも、実はこれ苦手じゃないんですねー。好物とは言いませんが、お酒の当てに最適です。長野のお酒の蔵元さんが持って来てくれたものです。おいしかったですよ。

F1000495 で、第2部は食べ物繋がりです。西伊豆の”塩鰹”(しおがつお)知っていますか?縁起の良い食べ物とされており、『しおがつお』→『しょうがつうお』で、”正月魚”となり、正月の食べ物になっているそうです。で、味はというと、めっぽう塩辛い。すごい塩分です。

F1000493 こんな感じで焼いて、ほぐされた、ほんの一欠片を食べたのですが、十分です。でも、塩辛さの中に、しっかりし味わいが残るんですねー。イメージはアンチョビかな。もっと塩気はもっとありますが。これを湯がいた、うどんにまぶしてあったのですが、うまい!!絶妙です。しかし、この塩気に合うお酒はあるのか????うーん。アミノ酸の旨みはあるんですが、塩気が強い食べ物なんで、、、、うーん静岡のお酒では弱いかなぁ。個人的にですが、口の中を洗うほど酸の強めが良いかと思います。だから、千代むすびの強力(ごうりき)、酸の強い鶴齢の純米、あとは意外に大手のメーカーの普通酒、若しくは古酒タイプ。それほど悩ませるこの塩鰹ですが、今一度食べたくなる味でした。カネサ鰹節商店へ。

その3へ続く。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

日本酒の会にて その1

F1000498 7月11日(日)にお酒の会がありました。うまい写真ではないので賑わいがわかりませんが、かなりの人数でした。今回お誘い頂いたのは以前にもご案内しました、鳥取の”千代むすび酒造”さんです。今は、NHKの”ゲゲゲの女房”でも脚光を浴びている境港ですね。

F1000485 こんなレトロなポスターで展示されていました。僕よりちょっと上の人だと昔見たなぁというぐらいでしょうが、わざとやっている訳ですから、僕にはレトロ感がオサレに感じます。まぁ、実際、千代むすびの”強力”(ごうりき)はやっぱり旨かったですよ。味が濃い目の方になりますが酸もあり。純米吟醸ですから透明感もあり、洗練された感があるお酒です。

F1000490 まぁ、こんな感じでどんどん試飲をしていく訳ですが、相変わらず僕は全部を飲んで回っているので、終盤では結構な酔っ払いになってしまいます。本当は味の吟味ですから、吐き器に戻すのがプロなんですがまぁ、人それぞれの考え方なんですが、僕は敢えて飲んでいます。まぁ、そもそも1日のうちの短時間で利き酒は出来ないと考えていますからね。いいとこ15種くらいかな。本日の出品酒は恐らく4~500でしょうからドダイ無理な話。ピンときた蔵元へ行って純米、純米吟醸、それが良ければ本醸造まで手を伸ばします。だいたいほとんどの方は、大吟醸から始める人が多いように思います。それはそれでいいんですが。まぁ、何はともあれ、すごい人数でした。

取り急ぎご報告。その2へ続く。。。。

お誕生日おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お酒 ガンダム グルメ ゴルフ 一言 通新