« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

2011年4月15日 (金)

桜 サクラ さくら

F1000819 相変わらず、携帯の写真のため解り辛いですが、ウチからすぐ近くの綺麗な桜並木です。

4月13日で、ほぼ満開。本来ならば暖かくて、気持ちの良い季節なのに。。。。

と言っても、僕にとっての”桜”は、ちょっとさびしいイメージの花なんですよね。

というのは、まず、亡くなった親父の命日が3月31日で、その頃は桜がちょっと咲き始めたくらいだったのを思い出すからです。

で、葬式などは翌週の週末だったから、その頃には5分咲き。闘病中にお袋がちょくちょく言っていた、『あと何回、この桜を親父と見れるかなぁ』というのを毎年思い出します。

そして、話は一気に自分の事になってしまいますが、暖かくなって良い季節にも関わらず、花粉症のためマスクをせねばならず、その中が暑くて水分が多く、うっとおしい。それが毎年のこの桜の季節だからなんですねー。といっても桜の頃がその年の花粉症の終止符だけど。

まぁ、でも桜の花はとにかく、咲いても短すぎる。。。だからこそ昔から唄でも、歌でも色々な人が書いています。それこそ、その儚さを人生に例えたりして。そういう意味では、解りやすいのかもしれませんね。

そしてまた、この大震災のイメージもついてしまいました。

先月の本震だけならば桜とリンクしなかったけれども、4月12日の朝と昼の緊急地震速報と、福島原発のレベル7へのランクアップがすっかり僕の”桜”のイメージにくっついてしまいました。

まぁ、本来ならば季節の替わり目。卒業、就職、転勤などで賑わう頃ですが、今年はダメ。それと同じでお酒の売り上げも減少しています。中々、明るい方向へ物事が考えられないし、3月11日の電車が止まり、皆、徒歩で帰るのは大変だったという事で、夜の飲み会が減っているのだと思います。

4月に入り、少し飲食店も回復したように見えましたが、まだまだ続く余震により安定は望めません。そもそもビールなどの供給もままならない状況ですが。

ただ、気持ちは少しでも前向きに。とにかく1歩前に進まなければなりません。すでに季節は動いているのだから。

この文章、実は一昨昨日の更新のために書いていたものでしたが、アップが今日になってしまいました。季節が動いているというのは、今日の桜はすでにだいぶ散っていて、新芽が出てきて緑色になっていますからね。

F1000820 さー、がんばっていきましょー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

震災後のお酒について 飲料水、ビールの枯渇。。。そして。。。

震災後。。。。モノが無くなったことを整理してみました。ご参考まで

異常な『買い溜め』で、最初に無くなったのは、

①トイレットペーパー、ティッシュの紙製品。(3月31日時点では復活。)

その次は

②お米。(これも28日時点では復活。)

と同時期に、

③ガソリン。(これは3月22日(火)にはGSに並ばなくてもOK。値上がりましたが

そして、当初から懸念されていた、

④飲料水(ミネラルウォーター、お茶など)。

飲料水は当初、被災地へ送り込まれるので皆納得していた感はありましたが、福島の原発からの放射性物質が都内の水道に混入している報道から一気に様相が替わり、都内でも先週は水パニックになっていました

例えば、そこらじゅうの自動販売機の水が買い占められ、見渡す限り”売り切れ”

今週でも未だに自販機はそのままです。色々な報道があり、順番を守る日本人のすばらしさが諸外国で報道されていますが、ここに来てストレスで、略奪が起きる寸前とも思える異常な光景です。

で、水に関しては肝心の乳幼児を抱える必要な人の手元には少ないらしいという話もあります。

東京が他の地方と圧倒的に違うのは、とにかく人の多さ。だから、ちょっとした買い溜めの動きがあるとすぐに枯渇してしまうんです

それが原因で、飲料水はまだまだ入荷が未定です。遠くは九州から強引(高値で)に仕入れをしている店もありますが。

しかし、そんな中、実はお酒もヤバいのです。こんなことを言うと買い溜めを煽る事に繋がりますが、3月31日の正確な情報として、記しておきます。

●缶ビールは、供給が間に合わない様子。

理由は、350mlアルミ缶などの上蓋の部品を作るメーカーはほぼ被災地で作成されていたたんですね。そして東北からの物流も、うまくいっていないために枯渇し、製造が出来ないのだとか。完全復活は6月頃だとか。

●生ビール樽、瓶ビールに関してはギリギリのライン。

アサヒビールは、茨城県の工場が被災。キリンビールは仙台の工場が被災。サッポロビールは一番大きく被災したらしく、相当大変そうです。サントリーは特に無い模様です。

各メーカーは基幹商品を切らせない政策を打ち、販売数量の少ない商品に関しては、一時休売をしています。

具体的な休売に関しては、

アサヒビールは、レーベンブロイ等の外国ビール等。

キリンビールはハートランド、ブラウマイスターです。4月13日頃にはハイネケンは復活?

他のメーカーでも、一部の発泡酒、第3のビール等も休売になるようです。

ただ、4月中ごろには、業務用の生樽、瓶に関しては結構供給が緩やかになる見込みです。やっぱり大手ビールメーカーの復旧は早いですね。すごい事です。

決して煽っている訳でないことは、ご理解頂きたいのですが、一応情報まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »