« 検査尽くしで大人の病気発覚。。。。 | トップページ | ●地震について● »

2011年3月 3日 (木)

検査、検査の巻

『便に血が混じる』という怖さ。。。。

今回の元の話は、背中の左側の痛みから健康診断しようということで始まっているのですが、予想外の方向へ行ってしまいました。だから余計心配なんです

聞くと所によると、食物は口から入り、最終的に便として、お尻から排出されます。その間、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門の部位があり、便に血が混じるということは、そのどこかに原因があるという事なのだそうです

まぁ、当たり前ですが、目に見えるほどの血ではありません。ちゃんと調べるキットがあってそれを使い、便の少量を2日間に分けて採取し、分析してもらうのです。やったことがある人ならばわかると思いますけど

で、胃、大腸の内視鏡検査をする事になりました

いやぁ、3年ぶりですが、心底嫌で仕方ありません。

前回は睡眠誘導剤を点滴に入れてもらい、ちょー楽ちんだったんですが、今回はそれぞれを別の日にやるので大変です。まして、ちょっとした安定剤くらいしかやってくれないらしいし。。。。

まず、2月14日に胃カメラをしました。今回で胃カメラは累計3回目。

実はこれが一番苦手なんですね、親子揃って。親父もダメでした。

水飴調の麻酔を喉で転がし、安定剤を注射してもらったんですが、カメラが口に入るなり、ゲーゲー。。。。『まだ入ってないですよ』と先生に言われましたが、舌に空気が出るカメラの先端が当たっただけで、指を突っ込んで吐く時と同じ感覚。。。。いやぁ、参りました。それだけで数分を要し、タイミングを見計らって挿入してもらいました。

しかし、喉元に入ったところで、先生が、『あっ』みたいな発言。

僕としては『んっ?』。

『ヘルニアがヒドイですねぇ。』との事。やっぱり。。。。

僕の脳裏では、それは建前で、実は何かヤバイものがあるように聞こえてなりませんでした。カメラが入っていますから声も出せず、涙を流しながら、そして涎が溢れた状態で首を縦に振るしかありません

カメラって、先に一番奥まで入って、抜きながら写真を撮るらしく、それはそれは長い時間でした。必要ない力が入って体が硬直し、さらにビールでゲップを出すのに慣れてしまっているせいか、止まりません。空気を入れて膨らませないと、撮影はできないんですよ

まぁ、でも一番心配だった胃、十二指腸は綺麗なもんだとの事。同時にピロリ菌の検査もしてもらいました。まぁ恐らくは居ないであろう、ということでとりあえずホッとはしました

しかし、食道の入り口辺りでの先生の反応が怖いままです。また、上部(食道、胃、十二指腸)は仮に大丈夫だとすると原因は下部かもしれない。。。。??いやぁ本当に怖いですよー。

とりあえず、ガスター20という胃酸を抑える薬を1ヶ月前から飲んでいましたが、それでは弱く、もっと強い薬を飲まねばいけなくなりました。これで、2錠目。それが↓

F1000783 黒柳徹子のジェネリック薬品です。要は安価。開発会社の版権が切れてどこの会社でも同じレシピで作れるようになった薬です。開発費が無いから安いんですね

でも、これの効能を調べると、悪性の事も若干書いてあります。うーん怖い怖い

いやいや、考えてもしょうがない事ですがしかし、ここでまたノミの心臓が出ています。この2週間生きた心地がしてません。情けない。。。。

そして下部(大腸)内視鏡検査。それはまた次回。。。。

|

« 検査尽くしで大人の病気発覚。。。。 | トップページ | ●地震について● »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査、検査の巻:

« 検査尽くしで大人の病気発覚。。。。 | トップページ | ●地震について● »