« 高級ワインを嗜む(たしなむ)。。。。。 | トップページ | 大コンペにて »

2010年11月15日 (月)

高級ワインを嗜む(たしなむ)。。。。。 その2

F1000707Harlan Estate(ハーランエステート)1997年

初めて見ました、このラベル。知ってますか??

すんごい綺麗な絵で、お札の柄的な要素があるように感じました。さらに言えば僕には、『天女が葡萄の房を摘んでいる』ように思えました。ラベルも丸いし!!

しかし、なんだこれは??見たことないなー、おぉ、『Napa Valley』って書いてあるー。

80年代から90年代くらいまでのカリフォルニアワインってまだまだメジャーじゃなくて、比較的安価だったんです。フランスワインほど伝統的な要素も少なくて、味はフレッシュさが売りだったように思え、素人でも入りやすかったように思います。そういう意味では値段の割に高品質って感じかなまぁ、テーブルワイン的要素のイメージ

ずっと前にも書きましたが、そういった意味で僕は結構カリフォルニアのワインが好きだから大変興味津々でした。

味は典型的なカベルネソーヴィニヨンの感じ。濃厚とは言えませんが、ナパのカベルネとしては重めかな。そういう意味ではクラシックな余韻も。

しかーし、残念なのは、確実に②のル・パンの方が凝縮感があって印象深すぎた事。順番はこれが最後だったために実は印象が浅くなってしまいました。

が、ところがです!!調べてみるとこのワイン、カリフォルニアのカルトワインの最高峰だったんです。しかも!ロバートパーカーの評価では、この97年が100点!!びっくり

あまりにもルパンの衝撃が強すぎて。。。

まぁ、でもパーカーも、たいした事ないって事か?ちなみにルパンは2000年で、98点。

と、まぁ、すばらしいワインを飲みながらの食事会でした。本当に村越さんにはお世話になりました。ありがとうございました

とても個人的に飲める代物ではなく、また、揃えることもできません。通常で飲んだら、軽く総額100万は超えています。僕には無理です、正直

でも、ワインって、こうやってみんなで飲まなきゃ旨くないんですね。地球最後の日は和食が良いと思ってましたが、こんな感じならば洋食で、超高級カルトワインもいいなと感じました。

村越さん、ワイン開けるときは一声かけて頂ければいつでも喜んで飛んできまーす

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

|

« 高級ワインを嗜む(たしなむ)。。。。。 | トップページ | 大コンペにて »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高級ワインを嗜む(たしなむ)。。。。。 その2:

« 高級ワインを嗜む(たしなむ)。。。。。 | トップページ | 大コンペにて »