« 2010最後の夏場ゴルフ | トップページ | そして別の地酒会にて »

2010年9月18日 (土)

地酒の会にて

F1000600 逆光で、暗いのですが島根県の『月山』の吉田君です。吉田酒造㈱の御曹司。マジメにお酒を造ってらっしゃいます。同世代の酒屋で作った”ファンタジスタの会”で最初に手掛けた商品もこの月山でした。

島根県のお酒はどちらかというと熟成感があり、軟らかいんですね。そして、肝心の酸が効いています。

彼が最初に造ったという、純米吟醸・佐香錦(さかにしき)は香り抑え目でけっこうふくよかでした。そして後味がしっかりとした酸で締まっていた感じ。彼の名言ですが、『僕は酸っぱいお酒が好き』というのが、なんとなくこの頃わかってきました。酸っぱいは言い過ぎでしたけどね

そして純米酒・神の舞(かみのまい)でも同じく酸の使い方がうまいと感じます。燗にすると軟らかさが倍増しますが、僕は冷の方が良いかな。

吉田君は、島根県の酒造好適米を推しており、佐香錦(さかにしき)と、神の舞(かみのまい)を使っています。やっぱり地元の島根ラブなんですね。えらい!!

F1000601 こっちは映りの良い、島根県の『李白』の田中君です。前にも書きましたが、李白酒造㈱の社長さんです。先代を亡くされてもがんばっています。ニヤケてますがでも醸す酒は旨し。

こちらも赤い酒のCARO華露(かろ)を造ったりしています。古代米の紫黒米を使う事で赤い色が出るんですが、それではまだ普通だということで、花酵母を使ってさらに香りを赤色の酒として強調させて拘っていたりします。結構、遊び心がいっぱいなんですね。味はすっきり。李白も熟成感があるタイプなんですが、このCAROは違ってフレッシュさも。でも、僕は目から入る情報が基本なのか、どうしてもロゼワインの口になってしまい、ワイン独特の強い酸を想像してしまうので中々リアルな味わいが判っていないのが実情です。すんません

この時期、いろいろな試飲会が目白押しです。季節の変り目で、日本酒は夏が終わって良い感じになった『ひやおろし』が出ます。ワインではヌーボーの予約締め、芋焼酎は新酒。そんなこんなで試飲会が多いようです。しかーし、試飲会ばかり出ても売れなきゃしょうがない。知識を蓄積するには必要だけど、そこらへん、気をつけないと。わかるかな、営業諸君!!

まぁ、がんばりましょう。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« 2010最後の夏場ゴルフ | トップページ | そして別の地酒会にて »

一言」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

脂肪はあまり蓄積しない方が良いですよ!
半纏が…

投稿: まさヤン | 2010年9月21日 (火) 12時09分

あーはいはい
失礼な半纏でしたねー。
大きさを指定する半纏は初めてでした。
フリーサイズに自由を!!もっと自由を!!
ちっともフリーじゃねぇ!

投稿: 取締をする役 | 2010年9月21日 (火) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地酒の会にて:

« 2010最後の夏場ゴルフ | トップページ | そして別の地酒会にて »