« 渋谷 ”肉横丁”オープン | トップページ | Modern Malt Whisky market モルト(ウイスキー) 大試飲会 その2 »

2010年9月11日 (土)

『Modern Malt Whisky Market』 モルト(ウイスキー)大試飲会

F1000593 今年も行ってきました!!

三陽物産さん主催のモルトウイスキーの試飲会です。5、6年前から有楽町の東京フォーラムで行われていて、個人的には最高の試飲会と思っています。僕は最初から参加してまーすモルトの試飲会は日本酒と同等に好きなんですよ!!

思えば、今は『角のハイボール』がバカ売れしていて、ある意味ウイスキーはブームが来ていると考えられます。でも、前にも言いましたが僕としてはまだその実感が沸いてはいません。その部分ではやっぱり安い割り材だと思えるので。

しかし、この試飲会ではもっと本格的で、値段の高いものが集まっているんです。レアものとかね初回からこの試飲会では、お客さんが盛況。こんなに苦労してもモルトが売れないと考えていただけにびっくりした記憶が甦ります。消費者は興味はあるんだけど、あと一押しといった感じだったのかもしれませんね。

F1000587 ちょっと判り辛いんですが、数量限定のシリーズのブース。手前の上段にあるのが『ブラックボウモア 42年(1964年蒸溜) 4thエディション 』です。超レア品!!バブルの頃なら即完売のハズ。僕も3年前に購入しました。まだ、1本在庫ありますよ

F1000588 その高級品の中でも欲しいと思ったのはこの『グレンリベット1973』。個人的にバーでもよく飲むのは、リベット12年で、基本的に優しい味なんですね。僕は胃が弱く、ストレートやロックでは飲まないんですが、1:1くらいの水割りでは最高に旨く感じます。まぁ、当たりさわりないと言えばそれまでですが、ちゃんと奥深い。

でも、この2種を売る自信が無いので辞めましたんっー苦渋の選択です。また在庫増えましたって言われたくないし。。。。

その他高級品がゾロゾロ。その中でも3万円未満のモノが結構完売していました。やっぱりマニアはいるんですね。しかし、その中でも面白いトピックスとしては『ミズナラの樽熟成』らしいです。サントリーの山崎シリーズなんですが、試飲会が始まる前から並んでいた人達がすべて購入していったそうです。この『ミズナラ』、今後のヒントになるかもしれませんねー。

F1000589 そして『イチローズモルトシリーズ』です。このトランプラベルは非常に人気があり、うちでも即完売です。といっても数本しか入りませんが。今回も会場では既に完売。残念。しかし、シングルカスクパンチョンのみ2本入りました。これを試飲したんですが、んー旨い。基本、優しい感じですが、深みとコクがふんわりと余韻に繋がっていくんですね。これもどちらかというと癖がある方なんですが、優しい。このイチローズモルトの良さは僕が感じるのには熟成が短い割りにこの優しい味が出るんですね。不思議。秩父の工場にも行きましたが、やっぱり人柄が味に繋がるんでしょうか出来立てのニュースピリッツなんかはトゲトゲして絶対口に入れられない(痛いくらい強く激しい)んですが、それが他と比べるとすんなり。。。。やさしいんですね。

次回に続く。。。

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

|

« 渋谷 ”肉横丁”オープン | トップページ | Modern Malt Whisky market モルト(ウイスキー) 大試飲会 その2 »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

コメント

子供店長さんは優しいから優しい味が好きなんですね

投稿: まさヤン | 2010年9月13日 (月) 17時00分

優しさに飢えてるから
優しさもお金も振り撒かないと返ってきませんよ

嘘です。真の優しさは自然に出るもんだから。
でも待っていても自分から行かないとね。

深いな、オレ

投稿: 取締をする役 | 2010年9月13日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Modern Malt Whisky Market』 モルト(ウイスキー)大試飲会:

« 渋谷 ”肉横丁”オープン | トップページ | Modern Malt Whisky market モルト(ウイスキー) 大試飲会 その2 »