« 日本酒の会にて その1 | トップページ | 日本酒の会にて その3 »

2010年7月15日 (木)

日本酒の会にて その2

F1000492 仮面ライダー現る!!なんてなっ!

試飲会の中で、蔵元さんによっては地のモノを持って来ている処もありました。これは、イナゴの煮付けです。食べた事ありますか??僕のブログ、最近、ツバメだの蛇だのと続いていましたが、とうとう昆虫料理まで手を出してしまいました。でも、実はこれ苦手じゃないんですねー。好物とは言いませんが、お酒の当てに最適です。長野のお酒の蔵元さんが持って来てくれたものです。おいしかったですよ。

F1000495 で、第2部は食べ物繋がりです。西伊豆の”塩鰹”(しおがつお)知っていますか?縁起の良い食べ物とされており、『しおがつお』→『しょうがつうお』で、”正月魚”となり、正月の食べ物になっているそうです。で、味はというと、めっぽう塩辛い。すごい塩分です。

F1000493 こんな感じで焼いて、ほぐされた、ほんの一欠片を食べたのですが、十分です。でも、塩辛さの中に、しっかりし味わいが残るんですねー。イメージはアンチョビかな。もっと塩気はもっとありますが。これを湯がいた、うどんにまぶしてあったのですが、うまい!!絶妙です。しかし、この塩気に合うお酒はあるのか????うーん。アミノ酸の旨みはあるんですが、塩気が強い食べ物なんで、、、、うーん静岡のお酒では弱いかなぁ。個人的にですが、口の中を洗うほど酸の強めが良いかと思います。だから、千代むすびの強力(ごうりき)、酸の強い鶴齢の純米、あとは意外に大手のメーカーの普通酒、若しくは古酒タイプ。それほど悩ませるこの塩鰹ですが、今一度食べたくなる味でした。カネサ鰹節商店へ。

その3へ続く。。。。

|

« 日本酒の会にて その1 | トップページ | 日本酒の会にて その3 »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

小さい頃は食べてたのですが
イナゴの佃煮は食べれません
昆虫以外なら蛇でも雀でも なんでも来い!です^ ^

投稿: まさヤン | 2010年7月16日 (金) 19時07分

えっ?
なんだか生でも千切っちゃ食い、千切っちゃ食いしてそうですがーー
かわいいツバメはやめてね!

投稿: 取締をする役 | 2010年7月16日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒の会にて その2:

« 日本酒の会にて その1 | トップページ | 日本酒の会にて その3 »