« 済州島(さいしゅうとう・チュジュトウ)へ その2 | トップページ | スコッティキャメロンの木札。自作です。 »

2010年7月28日 (水)

済州島(さいしゅうとう・チュジュトウ)へ その3

F1000528 2日目は観光班とゴルフ班に分かれました。頭はリゾートなんで、当然ゴルフへ。。。。で、この写真です。なかなか立派じゃないですか?コース自体も綺麗で、宿泊したホテルと同じ系列なんだそうです。ORA(オーラ?)カントリークラブ。チェジュ島の中では一番古いんだとか。まぁ、日本のコースとあまり代わりませんでしたけどねー。でもグリーンは硬く、難しかったように思います。

しかーし、スコアは101。。。。。貸しクラブだったと言い訳したいですが、結構打ちました。先週、日本で友人達と回った時に比べればいい方かもしれませんがまたシャンクが止まらなくなっていまして。。。。ちょっと心の病に陥っていたんで、まぁまぁだった事に致します

F1000531 最終日の晩飯です。今日も海産物。韓国のイメージでは焼肉なんでしょうが、海産物オンリーもアリだと思います。ソウルではなく、チェジュ島だからという事でしょう。他には黒豚も有名だそうですが、今回はナシです。なんだか肉を食べない分、体が楽だったように感じました。

ところで、このデカイヒラメ。大味かと思いきや、全然そんなことありませんでした。南国では、油が浮いたりしていて結構キツイですが、これは日本でも十分楽しめる味でした。昨日もそうですが、とにかく魚の鮮度が圧倒的に良いと思います。このあと、太刀魚、サバの焼いたのなんかが出てきましたが、全部美味しかったですよ。そしてヒラメのアラで鍋にして食べたり最後は食べられない程出てきたのに、アワビのお粥で締まりました。もう、とんでもないくらい腹が張っていましたよ。最終的には自分が食われてしまうと思えるくらい

ただ、ここでもマッコリを飲んでいる人がいませんでした。ショック!!今回マッコリ研修なんだけど!!レポートが書けないよっ!

日本酒は今韓国で流行っているそうです。(たぶん、ソウルでね。)で、マッコリは日本で流行っているんですね。お互い国酒が売れてなくて、逆輸入型で戻ってくると信じているんでしょう、お互いの酒関係者は。そんな感じに受け止めました。いや、ざるを得ません。

ところで話は変わりますが、昨日から感動していたのは、食事の安さ!!ツアーで行く店ではなく、頼もしいチェジュ通の同行者がいて、敢えて地元の人が行く旨い店ばかりでしたが、昨日の貝の鍋は、酒も結構頼んで、量も食って1人2000円以下。そして、今回の魚料理系では、3000円くらいなんですねびっくりするほどの値段です同じ物を都内で食べたら。。。。。。恐らく、1回10000円以上でしょう。これは、韓国が安いのか、東京が高いのか?んー?韓国の家庭での食卓を見ていないのでわかりませんが、この値段だったら、毎日外食でもいいですね~。韓国って身の回りのものは安いって事です。

F1000539

これは帰りの観光で食べた、おでんです。懐に残ったお金が3000ウォンあって、どうにか使い切ろうと思っていた時にちょうどいいものが!臓物かと思いきや、魚の練り物で”ちくわ”に似たものでした。しかし、これが500ウォン。まだまだ余ってしまいます。味は醤油ベースですが、やっぱり緩い感じ。優しいけど、僕にはやっぱり物足りない気がしました。でも、これ500ウォンって40円くらいなんですよ。明らかに僕が幼少だった頃のおでん屋の価格に近いんですね。~~~~あっ全体的に空港へ降りた時にも感じたのはこの昭和感だったのかもしれないと、このとき強く感じました。それは価格だけでなく、雰囲気も。

今回のチェジュ島はそんな意味でも楽しめた研修旅行でした。しかしマッコリはかなり飲みましたが、今一その旨さが判りませんでしたねー。やっぱり僕には安酒のイメージから脱却できないのかもしれません。まぁ、現に安いですからね。

今、巷では安い居酒屋が増えています。全品270円とか。さらには焼酎無料とか。この韓国の食事の物価に合わせる事ではないにしろ、やっぱり外食は非日常であってほしいものです。チェジュの場合物価が安いだけで、モノは良いですから十分満足した外食をしているはずです。日本の安い居酒屋は、冷凍食品がほとんどで、顧客も『どうせ金が無いからここでいいや。』とかいう感覚で満足しないで酒を飲んでいるはずだと思います。ここが違いで、また、この日本の飽和感、圧迫感が除去できる何かヒントになるような気がするんですが。。。。

話が逸れましたが、チェジュ島は本当にいいところでした!なんとか社員旅行で行きたいなぁ。     以上が韓国レポートでした。。。。。

|

« 済州島(さいしゅうとう・チュジュトウ)へ その2 | トップページ | スコッティキャメロンの木札。自作です。 »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

ゴルフ」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

韓国マッコリ研修お疲れ様でした~。
食べ物が安くて美味しいなんていいですね~
楽しいハプニングもいろいろあったとか、なかったとか。
いずれにしてもお疲れ様でした。
あっそうそう、長時間はmany timeではなくてlong timeですから~

投稿: 店長の先輩 | 2010年7月28日 (水) 14時01分

いやぁ、大先輩!お疲れさんです。
ほんと、チェジュは良い所でしたよ。
ハプニング?特に感じませんでしたが、、、、
よく小さい事まで報告がいってますねーーー。
お恥ずかしい限りです。
manyって。。。。

投稿: 取締をする役 | 2010年7月28日 (水) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 済州島(さいしゅうとう・チュジュトウ)へ その3:

« 済州島(さいしゅうとう・チュジュトウ)へ その2 | トップページ | スコッティキャメロンの木札。自作です。 »