« 旅立ちの日 | トップページ | 日本酒の会にて その1 »

2010年7月 6日 (火)

煙管(キセル)

先日、我が家の法事がありました。

僕の祖母の七回忌、祖父の三十三回忌、曾祖母の四十三回忌が重なりまして、3人分の位牌を持っての法事です。僕も長男なんで、このあと、引き継いでいかなければなりませんが、だんだん仏壇の位牌も増えてるなぁというが実感です。

酒屋を継いで僕は4代目になりますが、曽祖父が初代で、仏壇、お墓共にそこがスタートです。この土地ではまだまだ新参者、酒屋ではまだまだ駆け出しです

また、ウチの菩提寺は、すぐ近所のお寺で、その点では非常にスムーズに行うことができました。近いってやっぱりいいですね!ただ、今回は住職さんに葬式が入り、若い方3人でお経をあげて頂きました。いつもあり難いお話を聞くのが楽しみなんですが、今回はその若いお坊さん。。。大丈夫か??と思っていましたが、十分に良いお話を聞くことができました。

というのは、法事の意味、そして、仏教での”七”という数字が良い意味であると言う事で、区切りの初七日、四十九日、七回忌、十三回忌があるということを教えてもらいました。ある意味若い方である分、初歩の初歩ですが、僕にとっては非常に新鮮で、頭にすんなり入ってきました。知らない事を知るのは面白いですねー。

中でも一番気になったのは、香典の話。焼香台の上に塵紙に包まれた小銭が無数にありました。『何かなぁ』なんて思っていたら、それも話の中で出てきて教えて頂いたんですが、お香代なんですって!昔、お香は大変高価なもので、自分でお香を持ってきてお焼香してたんだとか。お坊さんが見せてくれたんですが、携帯用の小さな木の箱(お洒落な彫り物がしてある丸い箱)があり、そんな箱の中に自分のお焼香用のお香を入れていたそうです。んーーーなんかそれ欲しい!!お葬式の時、今は香典を持っていかない訳にはいかなけど、自分で懐から出したら、なんか、オ・サ・レ!!これは近日中に手に入れようと心に決めました。まぁ、要はそんな習慣が最近では無くなって、お焼香する時に備えてあるお香を使うから、紙に小銭を包んで置く、という事なんだそうです。

冒頭にそんな面白い話があり、その後、法事のお経をあげて頂きました。甥っ子3歳と2歳がウロチョロしてましたが、なんとなく自分も小さい時の法事の事を思い出し、親父の傍にいてじっとして手を合わせなさいなんて言われた事を思い出しました。なんとなく胸が熱くなる懐かしい思い出です。

その後、浅草のホテルで会食しました。今日の表題がキセルなんですが、ここで登場です。タバコが無くなり、2軒隣のタバコ屋へ行ったところ、専門店らしく、パイプ、キセルを売っていた訳です。で、先ほどの携帯用お香入れを見ていたもんだから、何か和の物が欲しくなり、店主に聞いて買ってしまったんですねー。これを。

F1000484 安いもんですが、どうですか?また、この『小粋』なんていう、刻みタバコ、いいじゃないですか?JTがちゃんと販売しているんです。この禁煙ブームの中、まさに逆行していますが、どうもいい感じです。因みに、全部合わせて2200円くらい。お手軽で面白いでしょ?

その日は、法事という事と、お香入れ、そしてこのキセルで、何か急に和の人間になったような気がします。ただ、刻みタバコをキセルの先に詰めるのがまだ、どうやら下手で口に葉っぱが入ったりして失敗しています。で、実際2、3回しか吸えませんが、装着して、この2、3回吸うのがまさに一服って感じなんですね。まだ外には持っていけませんが、慣れてから外に持って行き、まさに小粋に吸えるようがんばってみます。

吸殻をカーンと叩いて捨てるのもいい感じです!!前田慶次バリで。

まぁ、今日はまとまっていませんが、祖先を思う日で、祖父が吸っていた事と合わせ、キセルの題名にしてみました。こんな文化広がらないかなぁ。。。。

|

« 旅立ちの日 | トップページ | 日本酒の会にて その1 »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

傾き者ですなぁ〜

電車のキセルも煙管から来てるんですよね?

投稿: まさヤン | 2010年7月 6日 (火) 19時03分

泥酔してましてねー
どうやら今回は僕の勝ちです。
越谷はがんばってくだいさいね!

投稿: 取締をする役 | 2010年7月13日 (火) 09時27分

無灯火で職質されてはイケません

投稿: まさヤン | 2010年7月14日 (水) 14時58分

えっ、よくご存知で。。。。。
でも、顔パスでしたよ。
ウチの一番に張り付いていた若い警官だったんで。
お互い顔がわかりました。

投稿: 取締をする役 | 2010年7月15日 (木) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙管(キセル):

« 旅立ちの日 | トップページ | 日本酒の会にて その1 »