« 一番、二番、発進!!天王祭にて | トップページ | ツバメの家族の続報 »

2010年6月12日 (土)

Augusut Beer アウグスビール 知ってますか?

F1000445 久しぶりですが、お酒の話題です。やっぱり、酒屋ですからね

ちょっと旨そうなビールじゃありませんか?これは色が濃い目というか、赤い感じ。11日(金)にお酒の勉強会で六本木ヒルズ前のAugust Beer Club(アウグスビヤクラブ)に行ってきました。知ってますか?アウグスビール。ちょっとかっこいいでしょ?

今日のビールは国産ビールなんですが、悪いイメージで言うと地ビールです。しかし、クラフトビールと最近では言うようにしている、かわいいヤツです。要は国産で、職人手造りのビールと言いたい訳ですね。また、外国では地ビールメーカーをマイクロブルワリーと言っています。なぜかというと、大手ビールメーカーは大量生産のイワユル、工業製品。造れるだけ作ってコストを下げる事が命題になっている大工場と比較すると圧倒的に小さいからなんですねー。この言い方もゲット!!と言っても、大手の醸造技術はピカイチで、マスの世界で圧倒しています。しかし、僕はこれがなんとなく寂しいと感じる所なんですね。ある意味では、はずす事がなく、安定している事が大手のビールなんですが、、、、、ちょっと外した、変わった個性あるのもいいじゃないか!と思うのです。地酒、地焼酎、ワインと通じる感覚です。

まぁ何はともあれ、今日はお店にある全種類飲み干したので報告しときます。

アウグスビール ドイツスタイルの無濾過樽出しのピルスナー。これはトータルバランスがすばらしい感じ。お腹に溜まらないというフレコミでしたが、実際その通りに感じました。どちらかというと、炭酸の溶け込みが浅い感じかな。これは別に気が抜けた感じという悪い意味ではなく、柔らかい感じでした。一番旨かった!!

アウグスビール マデューロ ダークラガータイプで、所謂黒ビール。のはずですが、色もそこまで黒くなく、ロースト感のある苦味もありますが、どちらかというと甘みの方が感られました。これは濃い味のあるタイプの中では量を飲める黒です。

IPA(アイピーエー、インディアペールエール) あまり聞いた事が無いペールエールです。その昔、海を越えて木樽でビールを運ぶ際、腐らせないためにホップを大量に入れたためにできた味だそうです。確かに、苦い!!!2口目までは口の中で旨みも感じる事が出来ましたが、それ以上は正直きつかったですね。僕の中では、こういうビールもあるんだという事がわかりました。っていう感じ。

スノーブロンシュ ベルギービールのホワイトエール。小麦のビールです。んっ?と思ったら、白雪の小西酒造㈱でした。ベルギービールの大手輸入販売者なんですよ、白雪は!意外でしょ?正直、ヒューガルデンより旨く感じました。もっと優しい感じかな。これも何杯もいけます!!

幸民麦酒(こうみんばくしゅ) ゲストビールとか書いてあって、かっこよかったんですが、要は季節メニューのビールでした。幕末の天才科学者?川本幸民という人が残した化学新書の記事(レシピ)を元に再現したビールだそうです。麦汁の感じと、アルコール、ホップが分かれた味で、難しいですが、何かロマンを感じる1杯でした。

F1000444 結局、最初のアウグスに戻った訳ですが、色々勉強になりました。出来栄えはかなり良い感じで、ロゴなんかもオシャレ。大手ビールメーカーが台頭しているこの飲食業界もこんな意志を持った人達が面白いことをやってるんですねー。酒屋として敬意を評します。生意気か?でも、本当に美味しかったし、お店の料理も旨かったですよ。

まだまだ勉強中の成長期の僕の独り言と捉えて頂ければと思いますが、お酒はやっぱり面白い。安い工業製品ばっかしじゃ飽きるでしょ?ちょっと高くても美味しいもの食べて飲んでハッピーなりましょうよ!!そうすれば、明日もがんばれるはず安くて不味い、侘しい酒を飲んだってしょうがないじゃない?

ダメですかねー?

|

« 一番、二番、発進!!天王祭にて | トップページ | ツバメの家族の続報 »

お酒」カテゴリの記事

一言」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

マデューロかスノーブロンシュが呑みたい^^

投稿: まさヤン | 2010年6月15日 (火) 12時17分

どうもー。探してもまず見た事の無いビールのはずです。
一度騒ぎに行きますか?
男は黙ってIPAかもしれないけど。。。

投稿: 取締をする役 | 2010年6月15日 (火) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Augusut Beer アウグスビール 知ってますか?:

« 一番、二番、発進!!天王祭にて | トップページ | ツバメの家族の続報 »