« マッコリについて | トップページ | 祭礼 東日暮里5丁目 »

2010年5月 6日 (木)

気分の良いゴルフから一転。日本は大丈夫か?

F1000390 さぁー、これからショートホールのティーショットです。このアングルの写真は初めてですが、何か心のゆとりを感じませんか~♪蟻の目線、もしくはアイアンのヘッドからの目線。

5月4日、ゴールデンウィーク中、地元の先輩方と楽しいゴルフです。場所は栃木のプレステージカントリークラブ。先輩の一人の方がメンバーで、今年もすでに3回目くらいです。綺麗なコースで36ホールあり、また、クラブハウスもちょっとバブリー。今現在の経営はPGMグループが行っており、恐らく紆余曲折は在ったにせよ、うまくいっているゴルフ場の一つではないかと思います。綺麗なゴルフ場ですよ。そして、フェアウェイもぬかるんでいなければカート乗り入れOKのアメリカンスタイル?です。お勧め。ただ、セルフの客が増えていて結構マナーは低下しているんじゃないでしょうか?勿論、我々は紳士のプレイを心掛けていますが!!

ところで、上記の写真で”ゆとり”なんて書きましたが、実は内容、全然ダメでした。このショートも打ち下ろし135ヤードで8アイアンで打ったら引っ掛けて池へ。ショートアイアンで引っ掛けって!!どうしようもないですね。結果、前半49、後半45。トータル94。まぁ、妥当といえばそれまで。トータルはこんなもんです。しかし、パターが40パット。ひぇぇぇぇ。平均2パット以上。これじゃぁしょうがないですね。

ゴルフってほんと難しい。だから面白い。これだけ性格の出るわかり易い遊びも他にないでしょう?今、スコアも勿論大事ですが、僕は内容を求めています。簡単なミスを如何に減らすか。それが最大の課題です。先輩も言っていましたが、確立の問題。良いショットが出来る確立を上げるんですね。そのために色々な状況判断をするわけです。なんだか、人生、仕事のようですが。でもだから、大人がハマルんですね。

コースや、クラブハウス前では先日の石川遼の58という話で持ちきりでした。あんなチャージをされてトップを走っていた丸山が霞んで見えちゃいますね。丸山好きなんですが。で、石川はあの若さで、初優勝以来の嬉しさなんて、満面の笑みできちんとコメントしています。帰りの道中もこんな話。ゴルフの話は止まりません。

しかし、そんな明るい話がある中で、夕方のあの鳩山の普天間の話。僕も社会人で、さらにトップになっていますが、あのコメントはありますか??1国の首相ですよ。あんな感じが許されるならば、僕にもできます。だって、自ら愚かだと認めるし、なんにもしないで公用車乗り放題だし。僕は右ですが、彼よりもっと自分の国に自信を持っています。戦争は起こさないけど、日本を良い国だと言えるようになるという方針のマニュフェストどうでしょうか?ざっくりですが、同程度の事しか言っていないですよ、民主党は。

おっと危ない。そっちの話はしない、お酒とゴルフとガンダムのブログでした。ただ、せっかくの楽しいゴルフ談義がこのニュースで壊れて、余りにも頭にきたので書きました。次回は夢のあるお酒について書きまーす

|

« マッコリについて | トップページ | 祭礼 東日暮里5丁目 »

一言」カテゴリの記事

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分の良いゴルフから一転。日本は大丈夫か?:

« マッコリについて | トップページ | 祭礼 東日暮里5丁目 »