« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

利きソース。地ソースと言うべきですね!

F1000428トキハソース”。

ときわソースと読みます。カタカナの”ハ”は、読み方が”わ”なんですね。この写真のマークの所は、この”ハ”を読めないと、”トキ・ハピー・コック”になります。ちょっと昔の言い方でハッピーをハピーと書いてあるとか、ソースだけにコックと関係があるからとかで納得せざるを得ません。『ハッピーなコックが使うソースなんだろうと・・・』僕も初めはそうで、ちょっとレトロなのか、そんな印象でした。

しかし、これは”ときわピーコック”なんですね。まぁ、マークがわかり辛いんですが、ピーコック、つまり孔雀なんですね。なんで、この名前を付けたかは調べておきます。

ところで、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソースの違いってわかりますか??ウスターソースは、スパイスシーで、サラサラ、甘さ控えめ。とんかつソースは甘さがあってドロドロ。その中間が中濃なんだそうです。知らなかった~とんかつソースのドロドロは、衣に染み過ぎないようにするためだそうで、野菜や、一部果物の果肉をいかしているそうです。だから、家庭では万能の中濃が一番多いんですね。

さて、早速、利きソース。。。。最初、ブルドッグ中濃から始めました。まずは小指に付けて舐めてみます。うーん、慣れた味。甘みがありますが、まぁ、普通かな。そして、トキハソースへ。同じ中濃から。おっ、確かに違う!!ブルドッグに比べてスパイシーであると言えます。同じくウスターはわかり易い感じで、ソース焼きそばはこれが良さそうというイメージでした。その分、とんかつソースは甘みがありますが、やらしい甘みではなく、野菜の甘み的な感じかな。そういったやさしさのある味を感じました。

で、近所の肉屋さんでコロッケを1人2つずつ用意して、実際の試食をしてみました。他に生ソース(お酒と一緒で加熱処理をしていないもの)、特撰素材のものがありましたが、コロッケのみだったので僕は写真の廉価版である(業務用的?)3種がおいしく感じました。生ソースに関しては、キャベツの千切り等の野菜、若しくは魚のフライに合うかもしれないと思います。ちょっとコロッケは失敗だったか。。。特撰素材ソースに関しては、ぺヤングのソース焼きそばのソースに似ていました。うん、うまい!!そうなんです!社員からの話ですが、お得意先の料理人からの話では、一番旨いソースは実はぺヤングのソースだとか。香りも確かにソソリますよねー。一発でぺヤングって判るくらい。インスタントなので、そば、具材の味の幅は狭いはず。だからソースが命なんで、納得です。しかし、コロッケがソースを活かしきれていなかったので、ソースとしての旨みは感じつつも、合うとは思えませんでした。。。。今日のコロッケが失敗でした

しかし、このトキハソース、全体的にスパイシーで、旨みが多かったように感じます。余談ですが、改めてブルドッグ中濃で食べてみたら、ちょっと薬臭く?感じました。悪口みたいになってしまいますが、本当です。ソースもいろいろあるんですねー。このソース来週から取扱い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

三ノ輪にモツ焼き出現 その名は 勘助(かんすけ)

F1000414 あっ!店の看板撮るのを忘れましたが、題名の通り、名店が出来ました。その名は”勘助”。もつ焼き屋さんです。この値段見てみてください。昭和感たっぷり~♪

以前は千葉県松戸市でやっていたんですが、都心?に出てこられたそうです。ビールも生なし、大瓶のビール、酎ハイ、そんな感じです。実はこういうお店大好物なんですねー。しかも、お祭りの我が通新(とおりしん)の中。んー。興奮です。これで行ける店が増えた!

しかし、生でタンや、ハツが食べられるとは。。。。。新鮮な肉で、よっぽど自信があるんですね。しかし、この刺し系の2本で240円とは??これは、以前のお店ではお皿で出していたそうなんですが、値段を落とした分、串に刺してコストを下げたそうです。両方とも1串4切れでしたが、具材の大きさにびっくりした次第でこの値段でいいのか?と言った感じでした。2人で行ったのですが、1本ずつで、お腹に溜まりました。

F1000413 そして、焼き物。これは名前で気になっていた”アブラ”です。豚の首の後ろ辺りだそうですが、ちょっとポン酢だれで食べる感じはサイコーでした。しかも油臭くない!!これだけの油だと、臭みが出ますが、それはなく、どちらかというとコラーゲン万歳!(バンセーイ)といった感じでした。

肝心のタン焼きを写し忘れたのですが、これもボリュームがすごく、刺しで食べるモノを焼いていますから、半焼きでした。また、それがたまらない感じ基本、焼きは生で食べられるモノに関しては半焼きだそうです。うーん。こういうお店に行くと僕はだいたい、メニュー全部!って注文するんですが、今日は生、焼き合わせて5本でノックアウトでした。

あっ、あと、モツ煮込みは早くて最初にお勧め!!これもボリュームがあるのにこの値段でいいのかな?という感じですよ。味噌の味も僕は好きですね。2時間近くいましたが、とにかく質、ボリューム共に大満足でした。是非一度は来て見てください!!

クイズ。これはなんだか解りますか?酒屋なのでお酒の質問でーす。

F1000415 下町通の方なら解るはず。常連は5杯までいけるお店があるそうですが????

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

☆ミスター赤ヘル☆山本浩二賞!!

F1000411 先週、京都に行ってきました。僕は大阪に3年ほど仕事でいた事がありますが、京都は2、3回しかありません。しかもゴルフ付きの旅行なんで最高でした!!といいながらも会としての旅行でしたので、京都の町には、ほとんど出られませんでしたが。。。。。

で、この写真は何かといいますと、そうなんです。ゴルフでの賞品です。元広島カープ山本浩二さんの背番号が8。そして僕は8位入賞しましてGETした訳です。総勢50名ですから、たいしたもんでしょ??プレイは滋賀県になりますが、ジャパンエースゴルフクラブです。超名門だそうで、普通では予約できないそうなんですね。そんなところでプレイできるなんて、それだけで嬉しい限りです。

しかし、名門って何が違うのか??僕もそんな名門でプレイした経験は少ないんですが、でもまぁ、行けばわかります。まず、クラブハウスは綺麗。しかも、レストランが意外に狭い。なぜかというと、1日最高20組しか入れないからだそうです。もうこれだけでびっくりですね。だから、コース内もめちゃめちゃ綺麗。メンテナンスが行き届いている感じです。コースの写真を撮る余裕が無かったので、(少ない組数で前が詰まらないので)残念でしたが、きれいな庭園の中にコースがあるようでしたただ、グリーンが難しかった!!もう、これも名門の特徴なんですよねー。でも、うまい人はちゃんと上がって来るんもんです。

僕はというと~~~~ 当日、結構調子が良くて、92でした。スコアはそうでもないですが、内容は良かったんですね。OBも1個ありましたが、リカバリーとか、グリーン周りではそこそこ。うん、まだ上手くなれる気がします。向上心、向上心。同伴の方で何回もご一緒させてもらっていますが、70台で周る、すごい上手くてさらに飛ぶ方がいたので、教えてもらいながら周れたのも良かったと思います。お世話になりました。

ところで、この会の方々は皆さん上手くて、ハンデが多く付いたので8位でした。ベストスコアは38+38=76のゲストであるミスター赤ヘルの山本浩二さんです。その他なんと70台が5人も!よく8位入賞したもんです。写真の3点グッズにサインをその場で頂いたんですが、やっぱり60過ぎの体とは思えない程、体がしっかりされていました。やっぱりプロは違いますね。そしてゴルフも上手い。そして、良い人。何もかも適いません着ていたワイシャツにもサインして頂きました。これは周りの人たちのノリで。帰ったら中に着ていたTシャツまで染みていましたが。基本巨人ファンでしたが、山本浩二さんだけは別でファンになりました。

この小旅行は非常に楽しく過ごさせて頂きました。あまり無い経験でしたが、ほんと、すばらしかった。死ぬほどプレミアムモルツと、ラフロイグ18年を飲ませてもらいました。OB会最高!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

名店は名店を呼ぶ

F1000403 先週の金曜日に西麻布の”さぶ”さんに連れて行って頂きました。というのも我がお得意先の名店の社長さんにです!普段からお世話になっているにも関わらず、さらにお世話になってしまった次第です。

まぁ、見てください。このお寿司。これは3品目ですが、シャリの大きさも程よく、ネタは上物。一番上のオレンジ色のものは実は自家製のカラスミです。カラスミというと食べて旨みも多く、歯にくっ付くイメージだと思います。しかし、これは違う。柔らかく初めての感触。ご主人曰く、まだ途中なんだけど、お寿司に合う旨みになったから乗せてみたとの事。すごい。。。。。よくわかってらっしゃるし、アレンジ感がすごい。サクサクたいらげてしまいました。

F1000404 そしてこの手羽揚げ。まわりの衣というか、皮が絶妙。北京ダックの皮よりもあっさりで、しかし、旨みはたっぷり。1人2つなんですが正直もっと食べたい。実はこれにも拘りが。予約の時間が判っていますから、その時間に合わせて前もってとろ火で焼いているそうです。そして、客の食べるペースを見計らい、提供するちょっと前に強火にかけるそうです。だから、カラリとしてサクサク。本当においしい!!聞くところによると某野球選手は5、6人前をペロリだったそうです。流石!!

F1000405 そして最後はスッポンの鍋。臭みも無く、また骨はあるけど、身が絞まっていておいしい塩加減、味、共に最高でした。もちろん、最後の出汁で、オジヤに。

最後の最後は僕が料理されてしまうのかと思うぐらい色々な料理を頂きました。

うーん、しかしなんというコース。腹いっぱいだけじゃなく、この幸福感。すべての料理に嫌らしさの無い気遣いを感じる事ができました。客としての満足度はかなり高いですよ。

ちなみにお燗の酒は菊姫の山廃純米。枯れた感たっぷりでもなく、料理を頂きながら、すいすい入っていきました。ちょっと驚きです。

今回はご馳走になってしまった訳ですが、連れて行って頂いた社長さんのお店もすばらしい名店です。で、またこのお店も名店。まぁ、表題の通りですが、やはり合い通じる処があるんでしょうね。聞けば30年近いお付き合いだとか。というのも、どちらのお店も次の代の方(たぶん僕とも同じ世代)が出て来てるんですが、お互いがまだ小学生になる前から知っているそうなんですね。名店同士の繋がりがかっこいいですね。

まぁしかし、こんなことを考えると、難しい時代ですが、がんばって外での飲食が面白くて幸福感のある価値あるものに替わって頂ければと思います。僕は酒屋なんで、本筋ではないですが、何か口添えだけでなく出来る事があると考えています。それは、実直に旨いと思った酒を紹介していく事なんですね。あまり難しく考えるとこうなっちゃいますが、そういう事です。でも、うまいもんは旨いから!!

しかし、本当に社長にはお世話になりました。ありがとうございました。次回は僕ががんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

2010 日本の酒メッセ

F1000397 5月12日(水)にお茶の水の山の上ホテルでお酒の会がありました。総勢25蔵が集まり、試飲させてもらえるので、会場が小さいものの大変な賑わいでした。

もちろん、僕は全部知り合いと言うわけではないし、飲んだことがあるわけではありません。でも、大方以前から取引があったりしまして知っている方が多かったと思います。まぁ、それもそのはず、主催は普段お世話になっている小島先生ですから。

冒頭の写真は我らが獺祭(だっさい)(山口県)の右が桜井社長、左が木下さん。ご挨拶させてもらおうかと思いきや、次々とお客さんが集まっており、十分な話ができなかった次第です。でも、木下さんからの情報では先月の獺祭の前年比150%くらいだそうです。うちは100%は超えているものの完全に他社より売り負けているそうです。『すごい!』と同時にまだまだと言う事がわかりました。反省。。。しかし、相変わらず賑わっていたブースでした。もうちょっとがんばります。

F1000398 そして、李白(りはく)(島根県)のブースです。先日のブログにも書きましたが、先代が亡くなられ社長になった田中君です。彼が造ったピンク色のCAROは色が綺麗で女性に人気です。全体的に李白は僕の味のイメージではちょっと寝かせたお酒で旨みが多い酒です。バリバリの新酒搾りたてみたいな感じとは違い、ゆっくりとすらーっと入るお酒だと思います。

後は写真を撮り忘れたんですが、鶴齢の青木酒造、千代むすび、東光、麒麟、まんさくの花、郷乃誉、、、、などなど。ブースが小さい分、自分でどんどん回らないと消化できない試飲会でした。

しかし、このような試飲会で、僕はどうしても”吐き”に捨てるのができません。結果少量飲んでしまいます。そうなると、そこそこの量をのんでしまうんですね。ワインなどのプロはどんどん口に入れますが、全部捨てています。僕は貧乏性なのか、ハタマタ、蔵元さんへの感謝が強いのか、喉ごしまで味わうプロ意識があるのかわかりませんが、飲んでしまううんですねー。そういう事なので、実際後半は味比べができていません。ダサイですね。反省反省。

その後、懇親会もあり、いろいろな方達と話せました。そんな感じで今日も大変良い一日になりました。

総括としては、新しいものをどんどん取り入れる事も必要ですが、蔵元さんときちんと解り合えている商売を目指そうかと思います。こんなこと言うとネガティブに捉えられますが、そういう意味ではなく、酒の小売として、自信をもって売りたいんですね。なんというか、株式会社タカハシ栄春が最初に売り始めたというか、きっかけを作ったという感じかな。名声が欲しいのではないんですが。ただ、そういうことが出来れば必然、利益も出ますからね。いろいろマネ事はしてきましたが、そろそろ持ち味を出して、結果を作らねばならない年頃になったような気持ちです。遅い思春期が終わったのかなぁ。なんて~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

祭礼 東日暮里5丁目

F1000394 いやーそろそろシーズンに入りました。何かって??そう、お祭りですよ。

我が南千住の素盞雄(すさのお)神社の祭礼は6月の第一の土日で、今年は6月5、6日になります。通常の神輿は4天棒で、担ぎながら前に進むんですが、うちのは2天棒と言って棒が2本。で、只でさえ担ぐ人数が少ないのに、道中神輿振りってのがありまして、神輿を左右に大きく振るんです。片側の方は全員しゃがむ、そしてもう片方は肩を添えながら支える。。。。かなりしんどい祭りなんですね。

日本人の高齢化が原因ではないのですが、最近では、お祭りの団体に入って活動する”変わり者”や、担ぎに来る人が地元で減っています。まぁ、うちは同好会ではなくて、神社の氏子として地元に張り付いた睦なんです。”通新町(とおりしんまち)睦”と言います。

僕らの陣地は国道4号線沿いで、昔は商売している人たちが多く、相当賑わっていたんですが、今はマンションだらけになってきて参加者が減ってしまっているのが現状です。ちょっと地元意識が強く、ある意味敷居が高いのかもしれません。村意識というか。。。これは、役員の話ですが。ただ、普通にぶらっと担ぐには危ないし、なかなか熱いテンションになって、結果、揉め事の原因になるので、基本身元がわかる人たちしか入れないんですね。

まぁそんなこんなで、いろいろな良いご縁もあって担ぎに来て頂いている同好会さんや、町の睦の方たちがたくさんいるんです。遠くは新潟から。写真の東日暮里5丁目町会さんには、うちの祭りに来ていただいているので、この日はそちらの祭礼だったので、担ぎに行かせて頂いたということなんです。

いやー、今年最初の祭礼だったので、疲れました。なんだか半纏の着方も忘れていた感じです。相変わらず担ぐ時のステップはセンスないのが自分でもわかります。僕のブログの学帽の写真の時、小学生になった時ですが、ケンパーが出来なかったんです。元々リズム感はゼロでしたから仕方ありませんね。意欲だけはあるから”良し”としましょう。粋とかいう処とは正反対だと自分でも思っています。かっこよくは担ぎたいんですが。。。。

しかし、日曜日の4時間くらいの道のりでしたが、疲れました。ふーーー6月もがんばろう

F1000395 ところで、写真はいつもこの町会にいらっしゃる、吉本の芸人”くまだまさし”さんです。撮らせてくださいって言ったら快く受けてくれました。いい人だなぁ。

のぼるもがんばれよっ!!いつも忙しぶって高飛車だから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

気分の良いゴルフから一転。日本は大丈夫か?

F1000390 さぁー、これからショートホールのティーショットです。このアングルの写真は初めてですが、何か心のゆとりを感じませんか~♪蟻の目線、もしくはアイアンのヘッドからの目線。

5月4日、ゴールデンウィーク中、地元の先輩方と楽しいゴルフです。場所は栃木のプレステージカントリークラブ。先輩の一人の方がメンバーで、今年もすでに3回目くらいです。綺麗なコースで36ホールあり、また、クラブハウスもちょっとバブリー。今現在の経営はPGMグループが行っており、恐らく紆余曲折は在ったにせよ、うまくいっているゴルフ場の一つではないかと思います。綺麗なゴルフ場ですよ。そして、フェアウェイもぬかるんでいなければカート乗り入れOKのアメリカンスタイル?です。お勧め。ただ、セルフの客が増えていて結構マナーは低下しているんじゃないでしょうか?勿論、我々は紳士のプレイを心掛けていますが!!

ところで、上記の写真で”ゆとり”なんて書きましたが、実は内容、全然ダメでした。このショートも打ち下ろし135ヤードで8アイアンで打ったら引っ掛けて池へ。ショートアイアンで引っ掛けって!!どうしようもないですね。結果、前半49、後半45。トータル94。まぁ、妥当といえばそれまで。トータルはこんなもんです。しかし、パターが40パット。ひぇぇぇぇ。平均2パット以上。これじゃぁしょうがないですね。

ゴルフってほんと難しい。だから面白い。これだけ性格の出るわかり易い遊びも他にないでしょう?今、スコアも勿論大事ですが、僕は内容を求めています。簡単なミスを如何に減らすか。それが最大の課題です。先輩も言っていましたが、確立の問題。良いショットが出来る確立を上げるんですね。そのために色々な状況判断をするわけです。なんだか、人生、仕事のようですが。でもだから、大人がハマルんですね。

コースや、クラブハウス前では先日の石川遼の58という話で持ちきりでした。あんなチャージをされてトップを走っていた丸山が霞んで見えちゃいますね。丸山好きなんですが。で、石川はあの若さで、初優勝以来の嬉しさなんて、満面の笑みできちんとコメントしています。帰りの道中もこんな話。ゴルフの話は止まりません。

しかし、そんな明るい話がある中で、夕方のあの鳩山の普天間の話。僕も社会人で、さらにトップになっていますが、あのコメントはありますか??1国の首相ですよ。あんな感じが許されるならば、僕にもできます。だって、自ら愚かだと認めるし、なんにもしないで公用車乗り放題だし。僕は右ですが、彼よりもっと自分の国に自信を持っています。戦争は起こさないけど、日本を良い国だと言えるようになるという方針のマニュフェストどうでしょうか?ざっくりですが、同程度の事しか言っていないですよ、民主党は。

おっと危ない。そっちの話はしない、お酒とゴルフとガンダムのブログでした。ただ、せっかくの楽しいゴルフ談義がこのニュースで壊れて、余りにも頭にきたので書きました。次回は夢のあるお酒について書きまーす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »