« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

千代むすび(鳥取)試飲会 その2

F1000355千代むすび 純米吟醸 山田錦

鳥取県産山田錦を使用。精米歩合50%

日本酒度+3 酸度1.3 Alc.16~17度

1.8L 2940円 720ml 1470円

酒造りの中で、高級酒を作る際には欠かせない山田錦。兵庫県産が一番有名で、価格も一番高いですが、その兵庫県からベルト伝いに広がった場所である鳥取県の山田錦ですから、品質は間違いないもののようです。いわゆる典型的な山田錦の香りと、味わいが広がりますが、やはり、香りは押さえ気味。その分、味が解り易く、はっきりとしています。灘のお酒のような感じではなくて優しい味わいが広がり、余韻も山田錦の豊かさがほのかに残ります。

しかし、前回の強力のインパクトが大きかったため、個人的にはこの山田錦は全体的に優しすぎるようにも感じました。ただ、”千代むすび”は全体的に味が出ているタイプになるので、比べて飲まなければこの山田錦も十分楽しめるお酒であるとおもいます。

H195kanjyuku千代むすび 完熟純米

山田錦、玉栄、五百万石を使用。精米歩合55%

日本酒度-2.5 酸度1.4 Alc.16~17度

1.8L 2898円 720ml 1449円

写真を撮り忘れてしまいました。で、ちょっと絵が粗いですが。

いわゆる熟成酒です。タンクにて冷蔵貯蔵3年以上寝かせています。純米吟醸と純米のブレンドだそうですが、綺麗で柔らかい味に仕上がっています。前にも書きましたが、このタイプのお酒は中々難しい評価になります。私の先代の時代では在庫になってしまったお酒はこのように黄色っぽくなり”ヒネ香”とか言って特有の香りが出ます。また、トラックで配達する際、朝から出て夕方の納品になったりして直射日光に当たるとかなり日焼けして(実質は紫外線で)色が付き、味にも変化が生じます。また、味は紹興酒のような後味が残ります。

昨今では古酒バーなどあって、長くじっくり寝かせた日本酒専門店もあります。ちょっと旬な時から時間が経過しているのでまだあるのかどうかは知りませんが。。。

で、このお酒、やんわりとした熟成香(≒ヒネ香)があり、味わいでは、余韻には甘さを感じる中に紹興酒の最後の余韻を感じます。これって、全体的に心地が良い。。。僕は長期熟成の会なんていうのに行ったりして少しばかり古酒の味の訓練をしたので自分なりに結論付けています。正解かどうかは解りませんが、まず、先ほどの1日で変わってしまうほどの急激な変化ではなく、ゆっくりとした時間をかけた熟成を行っているものは軟らかい味になっていると感じます。そして、香り。匂いを嗅ぐと必然的に甘みを感じるようになっていて、急激なものはやはり、酸っぱい感じがあります。ですから、この完熟純米に関しては非常に丸く(軟らかく)優しい味に仕上がっているように感じました。このような熟成酒は、いろいろ飲んでみて試してみるとわかるようになると思います。新酒のみしか飲まない方には解らない世界ですね。無濾過生原酒なんかとは対極ですね。

今回は鳥取の千代むすび酒造さんに当社に来て頂き説明して頂きました。NHKの水木しげるの”ゲゲゲの女房”に関する商品も限定で出しているそうです。(幼少期育ったのがこの境港なのだそうです。)ある意味いろいろチャレンジャーな会社としても面白い蔵元さんではないでしょうか?ほんとにお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

千代むすび(鳥取)の試飲会

F1000353 一昨日当社で夜、試飲会をしました。

今回は鳥取県の境港にあります。”千代結び酒造”さんです。 縁あってお酒の会などで結構昔から知っていはいたのですが、なんとなく販売までは至らなかったわけですが今回、きちんとやりましょうというお声がけを頂き、試飲会になりました。

年間の造りで800石造っています。はっきり言って大きいお蔵さんではありません。1石とは1升瓶で100本の計算。ですから東京でもまだまだ知られている銘柄にはならないのです。でも、すごいいいネーミング。なんとなく縁起がいいと思いませんか?

しゅわっと空  生 (微発泡純米吟醸)

鳥取県産五百万石を使用。精米歩合60%

日本酒度-0.5 酸度1.6 Alc.12~13度

1.8L 2520円  720ml 1260円

数ある発泡にごりを飲んでいますが非常に柔らかさを感じます。アルコール度数が低いから余計にそう感じるのかもしれませんが、それだけではないようです。普通度数を下げるために加水するのがほとんどですがこれは、ゆっくり醗酵させ、アルコール度数を上げないようにじっくり醸造しているのです。だから優しいお酒に感じるのかもしれません。食前に口を整えるには良いお酒と感じました。ラベルのとおり優しい!

F1000354千代むすび 純米吟醸 強力(ごうりき)

鳥取県産強力を使用。精米歩合50%

日本酒度+5 酸度1.6 Alc.16~17度

1.8L 3150円 720ml 1575円

千代むすびでは代表銘柄になるようです。この強力と書いて(ごうりき)と読ませる酒造好適米は、明治時代に鳥取県でのみ栽培され、その作りの難しさから次第に消えていってしまった幻のお米です。現在では他の蔵元でも2,3銘柄あるようですが、この千代むすびの強力が有名です。

まず感じたのは、吟醸香がそんなに感じない。要は、プンプン系ではないという事です。それでいて味はガツンとくるタイプ。しかし、よくある山廃や、生もとのタイプではありません。米の旨みなんでしょうけれどもこれが強力米の旨みかと感じるお酒です。ちょっと表現がうまくないですが、この味わいは、結構、油ものや、味の濃いタイプでも十分渡り合えると感じます。単体でも勿論いけますが、”酸が効いている”そんなかんじです。

個人的にはこの青いラベルも気に入っています。なんとなく暗い感じにも見えますが良い色合いです。また、わかり辛いんですが、この黒いところは熨斗なんかの結びをイメージしてあるんですよ。他の商品も色が違ってるんです。なかなかオシャレだと思いませんか。とりあえず2品。次回は残り2品を紹介します。

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

皆美(みなみ)さんの鯛めし

F1000352 昨日は”日本橋COREDOの皆美”さんへ行ってきました。もちろん、仕事です。

相変わらず写真を撮るマメさが無くて、締めの料理です。前にも書きましたが、これがこの皆美さんの名物なんですよ。前に投稿したものは鰻のランチでしたので、今回はきちんとお伝えできますしかし、肝心のご飯に乗せる皿が見えにくいですが。。。

辛うじて見える右上の黄色、肌色、白のものが見えますが、これが具材です。鯛めしというと鯛の切り身なんかを想像しますが、これは違います。みんなソボロ状。黄色が卵の黄身の細かいソボロ。肌色が鯛を湯がいた細かなソボロ。白が卵の白身のソボロです。

この3種を島根県産のコシヒカリに綺麗に乗せて、さらに海苔、ねぎの薬味をかけ、鯛の出汁でお茶漬け風に食べるわけです。これは美味。どうやら不昧公はお茶漬けタイプが好きだったようです。昼の鰻もそういう食べ方でした。しかし、結構いろいろな料理が出た後なのに、さらさら入っていきます。んー満腹。

ところで、

島根県松江の日本酒で有名な”李白”も飲みました。冷でしたが、3人でおそらく7、8合。少し甘みを感じるお酒で、以前のイメージの”枯れた感”が今日は感じませんでした。非常になめらかな感じかな。おいしかった~♪

商売でもお世話になっているんですが、その李白酒造の社長が先週お亡くなりになりました。今日はたまたまでしたが、お悔やみも込めて。息子さんの田中君もこれから代表者として大変だろうけど是非ともがんばって頂きたいと思います。だいたい同世代ですが、そういう年頃になってきたんですね。ふーーー、がんばりましょう。

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

地震の夕焼け?

F1000350 3月14日の地震後の夕焼けです。今回は福島県沖だったとか。

実は13日、14日とゴルフでした。贅沢ですが。。。。。

13日は学生時代の大コンペで千葉へ。14日は仕事で茨城へ。13日は初めての経験と言うほどの強風と花粉症にやられ123というスコア。撃沈です。ゴルフが嫌いになりそうでしたよ、ほんとに。宿敵のライバルにも負けましたし。

14日も、同じく109というスコア。この日の敵は花粉症だけですから、やはり実力なんでしょう。しかし、この季節しばらくやりたくありません。下向くと鼻水が垂れるんですよ。。。

とか色々、意気消沈していた14日の帰り道、突然携帯から聞いたことの無い着信音が聞こえてきました。んっ??なんか違う。なんだ?爆発するのか?って感じ。

普段、電話の着信音に設定しているのは、アーガマの警戒音。(Zガンダムより)メールに関しては、ニュータイプの音。(逆襲のシャアより)どちらかというと、両方ともイメージでは警戒音に近く、それに慣れているため焦りませんでしたが、今回の音は多分普通に聞いたらびっくりする音です。

見ると、Docomoからのエリアメールで、緊急地震速報でした。初めて受け取ったメール。車での走行中だったので地震は全くわかりませんでしたが、メールが地震より若干早く届いている様子でした。そういえば、そんな設定をした覚えが。

揺れが届く数秒前に備えられる余裕は感じられないけど、気構えだけはできるかも、っていう程度ですが、あった方が良いサービスですね。ある一定の大きさ以上でそうなる様子ですが、机の下に入るとか、火を消すとかできそうですからね。ほんと、技術は進んでますねー。

そんな事を話しながらの帰り道で、赤すぎる夕焼けが地震に関係あるのかも、と思って撮った写真なわけです。この後気持ち悪いくらいの赤さに変わっていきました。祖母が赤い夕焼けを見ながら同じこと言っていたなー、と思い出しました。時代は変わって、口添えではなくなったけど、機械でもできるまで発達したんですね。ムリクリだけど、酒屋も変わんなきゃねぇ。

今日の朝も地震がありました。近頃良くない雰囲気です。とにかく、備えあれば憂いなし。みなさん、気をつけましょう。もし地震がきたら、うちの倉庫はお酒で滝のように流れそうですが。

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年3月11日 (木)

生マッコリ~♪ 新大久保にて

F1000344 今日は予てからの問題であったマッコリです。最近流行っているんです。うちにもいろんな業者の方たちが来て、サンプルを飲ませてもらっています。特に生マッコリ。

本来この生マッコリは賞味期限が短く、生でない普通のマッコリは”火入れ”といって加熱殺菌をしています。ですから、日本国内で飲める輸入物はまず、生マッコリと書いてあっても生ではないのです。日本酒も同じ事をしていますが、きちんとラベルに書いてあり、はっきりと”生”か”火入れ”かわかるようになっています。この制度がまだマッコリには無い訳です。

で、僕がサンプルで飲んでいるのは生マッコリのつもりでしたが、違っていたのです。別にマッコリの火入れを否定しているわけではありませんが、巷では生マッコリがうまいという事で、お得意先の以来もほとんどが生マッコリを探せというものでした。

そんなことがあり、10日に新大久保の生マッコリ家へ行ってきました。ここは、飲食店もやっているのですが、実はちゃんとマッコリの製造免許を取得して3年前から販売しています。正直、海のものとも山のものとも思えないもので期待していませんでしたが、最初に乾杯で飲んで”びっくり”しました。うまい・・・・・・今まで飲んだサンプルはどうもシャバシャバで、旨みも薄い。だから、生マッコリって薄くてあまりおいしいとは思えないけど、これが旨いのかと力ずくで思おうとしていたのですが、これは違う!!甘みが極端に強いわけでなく、酸味が強いわけでなく。しかも、すごい発泡のイメージがあったけど本当に微量にあるかな、というぐらい。最近良い日本酒なんかを飲んで僕の最高の表現になってしまっているんですが、”柔らかい”んですね。バランスがいい。

また、この演出として入れ物がいいでしょう?陶器と、この掬うものは木で出来ていて、ちょうど1杯分を入れる事が出来ます。しかも少しだけシャーベット状の生マッコリも入れているんです。さすが!うまい飲み方を知っているだけあります。

アルコール度数7~8度。若干ビールより度数があるくらい。かなり気軽に飲める度数です。アルコール感を僕は感じなかったので、実は後からやられちゃうかもしれないけど、軽快に飲めました。結局、ビールは全然飲みませんでした。だって生マッコリがあれば、ビールは要らないなですもん。辛い韓国料理を食べながら飲めるのは、ジンロみたいなものよりマッコリの方が断然合いますね。

その後は先ほどのシャーベット状の生マッコリも飲みました。これは、凍らせたものを、ミキサーにかけ、スムージーになったものです。激辛にはいいかもしれません。イメージはフローズンマルガリータのマッコリ版。夏にもいいですね。甘ったるくないから。

ちなみに、生マッコリがお店で1L 1500円、フローズンが、1900円。 んっ安い。

最後に社長さんも出てきてくれましたが、すごく良い人でした。いろいろな話から、”自分は職人です”だって。普通、こんなにメディアなんかに取り上げられたら天狗になるのに。なんとなく日本人が忘れた日本人らしさも感じることができました。うちでも是非取扱いしたいと考えています。賞味期限が1ヶ月ありませんし、チルドですが。

しかし、これからも、もっともっと旨いものをご紹介していきます。ご期待あれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

縁(えにし)です。 久しぶりに役員になりました。

F1000343 このラベルは””と書いて”えにし”と呼びます。芋焼酎なんですよ。

ちょっと日本酒的なラベルに見えますね。

原料が普通の芋焼酎の黄金千貫(こがねせんがん)ではなくて紅黄金(べにこがね)という品種で、基本、赤芋です。赤芋で思い出すのは恐らく、赤霧島。

この”赤霧”、巷ではプレミアム価格が付いたり、逆に在庫を抱えているところでは安売りされたり。よくわからなくなっている商品になってしまっているように思います。ただ、飲食店では結構高値で売れるので重宝されている様子です。

赤芋の焼酎は通常の芋焼酎よりも香りが綺麗で、都内での飲料形態でトップのロックでは非常に栄えます。もちろん、水割りでも。特にこの”縁”の紅黄金は契約栽培で芋自体の評価も高く他のものよりも高貴な香りがします。本坊酒造で造って頂いているんですが、裏話として、この香りは他の芋では出ないので、”桜島の黒”なんかには、香り付けで若干ブレンドされたりしています。

で、”縁”は紅黄金100%の言わばカスクストレングスって感じでしょうか?ステンレス貯蔵の1年ものですから、是非他の焼酎と飲み比べてみてください。きっとファンになるはずです。

そもそもこの”縁”に携わることが出来たのは、父の友人であった、宇田川さん、篠原さん、小川さんに引っ張って頂いたからです。僕の父が他界して、これからどうやって酒屋をやるか考えていた時にお誘いを受けたわけです。ほんと、感謝しても仕切れません。これに出会っていなかったら~~なんて考えると怖いですね。そこから、日本酒なんかにも目覚めて、今がんばっているんです。

しかし、こんな事も考えるとこの焼酎の名前通り、すべては”縁”なんですね。人と人は一期一会。でもあの世まで持っていけるのは(行った事ないけど)やっぱり縁ではないでしょうか?そんな名前の付いたこの芋焼酎、ほんとかわいい奴なんです。

ところで、今回のブログに引っ張りだしたのは、先日、この”縁”の会がありまして僕も3年ぶりくらいに、役員になったからです。思えば元々は東京の10社くらいから始まって今では全国30社くらいになりました。まさに末広がり。皆、気持ちの良い方々ばかりで、これも良縁に恵まれて広がっています。今年は役員になりましたからこの”縁”でいろいろ仕掛けてみたいと思っています。とにかく、是非飲んでみてもらって一人でも多くの縁ファンを広げて行こうと考えています。

今回はちょっと硬くなりましたが、複数の意味で”縁”を大事にしようとしています。これからもどうぞよろしくお願いします。

じゃちょっと宣伝。

本格芋焼酎 縁(えにし) 1,800ml 2400円(ステンレスタンク貯蔵1年もの)

本格芋焼酎 甕熟原酒 縁(えにし) 1,800ml 3990円(ステン1年貯蔵ものをさらに甕で1年寝かせた36度ある縁の原酒)

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

2月末のゴルフ。。。。そして無濾過の酒

F1000339 いやー。参りました。という図です。

2月28日に中学からの同級生と4人でラウンドしてきました。このメンツ、半年ぶりかなお気楽ゴルフです!!

しかし、この日は行きから雨で気持ちはブルーでした。この写真は少し雨が切れたところですが、基本どしゃ降り。そして、前半終了から後半4ホール目くらいまでは雪。まるでスキー場のような降り方でした。僕はあまり雨の中のゴルフが無く、雨合羽を持っていません。高いけど現地で購入せざるを得ない程でした。高くつくゴルフでしたよ。

で、この写真の状況。200ヤード地点から例のユーティリティで、と思って振ったら右に出てこの状況。距離があって勢いのあるボールを打つとそりゃバンカーに突き刺さる訳ですね。

残り60ヤード程でもう一つバンカーがありました。そしてグリーンを超えた所にも。

案の定、上記バンカーにすべて入れました。ほんと、精神的に弱すぎる。雨が降っているからという理由付けもできないし

しかし、今日のコース東筑波カントリークラブはなかなか難しく、グリーン周りには全部バンカーがあります。状態の良い日に再度挑戦したいと思えるコースでした。

結果、50、50で100!!何たる結果。グリーンも水が溜まってカジュアルウォーター扱いが多かったけどもっ!不甲斐ない1日となりました。

F1000340 そして、今回は珍しくみんなで打ち上げをしました。ちょっとハイソな日曜日の銀座です。

しかしびっくりだったのは、1人はお酒を元々飲めないのですが、他の2人が日本酒を飲めるようになっていた事。散々学生時代に勧めても嫌がっていたのに。聞けば最近よく飲むようになったと。しかも、『旨いよねー』だって!!この店もいわゆる地酒屋銘柄を取り揃えている店でちょっとアレルギーが出そうでしたが、4、5種類の”今時銘柄”を頼みました。七田、飛露喜、真澄などなど。あとは忘れちゃったけど、この順番で2人は旨いと言っていました。んーーなかなか、わかっとるじゃないの。ちなみにオーダーは無濾過系ですがね。要は最初のインパクトが強い方が今のところ良いという感じでしょう。無濾過からどのような味を求めていくかが楽しみです。なんて偉そうな事言ってみたりして~。

しかし、僕らぐらいの年齢がこれから飲食店での消費の中心になっていくわけですから励みになりました。今のところ結果が出ていないけど、やっている事は間違いではなかったなぁと自分を鼓舞しながら夜も更けていくのでありました。結果が出ないのはゴルフも一緒だ??

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

駅前ビルの医療モール

F1000338 南千住の駅前ビルは1月末に完成し、その後着々とテナント部分の開店が続いています。1ヶ月遅れですが、3階部分の医療モールもオープン致しました。写真の通り、我がテナントである、ハートクリニック南千住もオープン致しました!!

こちらは処方箋の薬局の会社が主体で、お医者さんを誘致して医療モールを創り、薬を売るという仕組み作りからしています。たまたまですが、うちのテナントに入ったのが、小学生の時の塾で親しかった友人!びっくりです。友人の彼が内科、循環器内科、奥さんが婦人科もするという、一番お世話になりそうな病院です。これからもよろしくお願い致します。

しかし、この処方箋の会社はすごいですね。うちの酒屋は、業務用主体で飲食店さんがお得意先になるのですが、物件を探して開店してもらうことまでは要望があれば行っています。しかし、それと比べると本格度が違います。薬業界恐るべし。まぁ、結局は顧客満足度を上げて、他との差別化を図るという事では一緒ですが、益々特化しているようでした。酒屋の利益率では無理だなぁと

F1000337 そして、ちょっと遠いのですが、60人くらい並んだ先頭に立つ友人の舘岡(たておか)先生と右が奥様です。これは内覧会終了での御挨拶ですが、イメージは白い虚塔かな。

『~先生の総回診ですー。』みたいな。ちょっと茶化し過ぎですが。

しかし、本当に立派になられて。塾の時結果1回もテストの順位では勝てませんでした。やはり、ここが酒屋のオヤジと、お医者さんの違いだったのかも。

僕もかなりメタボ気味なので、循環器的にもお世話になりそうです。いやいや、病は気から。出来るだけお世話にならないよう努めますが、なんせ、同級生で、店子さん。ほんと、心強いです。末永くよろしくお願い致します。

地酒・和酒の専門 正規特約店 株式会社タカハシ栄春 芋焼酎 『縁(えにし)』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »