トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

今年最後のゴルフ日和~♪

F1000116 昨日はゴルフでした~。陽射しが強すぎるくらいポカポカで、最高!半袖で十分。ほんと、今年最後の暖かさでしょうね。

~~~~埼玉県、おおむらさきゴルフ倶楽部の映像です。前回は、違うゴルフ場でしたが、フルバックという事もあり(?)105まで叩きました。やっぱりオレはーという絶望感がこのところずっと続いていました。

しかし、今回はレギュラーからで、47,44で91。僕にとっては十分です。

内容では、1打1打の距離が著しく落ちていますが。。。。

F1000118 今年、ハーフのベスト39というスコアを出して調子に乗って買ったアイアインセットです。MIZUNO MP-33です。傷つきやすい鏡面仕上げの美しいマッスルバックとこの薄いソール。うまい人は構えた瞬間、打球のイメージが湧くことでしょう。

まっ、僕の場合はまだ、それは恐怖になりますが

しかし、このラウンドでは、ようやく掴んできたかなぁ。と言った感じでした。

 このクラブはスイングを教えてくれるクラブだと言われたのも購入のきっかけ。確かに、きちんと当たらないと飛ばないし、振動が痛いです。必然的にきちんとしたスイングにはなるような気はします。だけど、まだまだ。やはり、きちんと指導してもらおうかと悩んでいます。どこかありますか?都内、夜のレッスンで、週一くらいの。。。

ところで、今年からゴルフダイジェストのスコア管理に登録しました。4月から通算12回目。8月はやっていないので1ヶ月に2回ペースです。そんなことも今まで復習したことがありませんでした。管理するのはいろいろと勉強になりますね!お奨めします。うまい人はやってるらしいです。”遊びのゴルフだから”とスコアが悪くても今まで言い訳していましたが、分析も必要。まだまだ本気になりかけですが、いざ、これから!!ちなみに、順位もでるのですが、275244人中107184番目です。中途半端。やっぱりオレはー

まさにボヤキのブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

11月6日(金)試飲会予定

F1000114_2上記日にちで試飲会があります。いろいろ出品酒を考えていますが、なかなか纏まらず、苦慮しています。場所は御茶ノ水 山の上ホテルです。

他の酒屋さんもいる中で、目立つためには何か違うものを!ということで、まず決定アイテム第一弾は、当社でも推している、” 玉川”です。

その他クラフトビール、リキュールなどなど。。。これは当日ご紹介かな。

●玉川 本醸造 久美浜

色はかなり黄色い。酒本来の旨味を出す為、濾過を最低限に抑え、山廃本譲をブレンドしている。また、蔵にて常温貯蔵。低温の燗で飲めば緩やかな甘みが旨みに変わる。

●玉川 特別純米酒

京都米100%使用の吟醸規格純米酒。1年間の熟成を経て旨みがしっかり乗った味。低温の燗が一番映える。

●玉川 純米吟醸 雄町

岡山県産酒造好適米 「雄町」 100%使用。やわらかい味わい、口の中で旨味がひろがるキレのよい飲み口。雄町の味わいがよくわかる。

●玉川 純米吟醸 祝

好適米「祝」を100%&使用。香りよりも、酸味と旨味のバランスの取れた感じ。熟成しているお酒の中では、さらりとしたタイプにも感じる。日本酒度を感じさせない。

だいぶ堅い文章になりすぎかなとも思うけど、今は直球勝負で。

社員の中での評判は、祝派と、久美浜派で分かれました。やっぱり濃醇なお酒は燗がサイコー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

COEDO≒川越 うまいビール発見

F1000107 coedoビールの工場見学をさせて頂きました。東武東上線で鶴瀬下車。

場所は三芳。関越道の三芳パーキングエリアのところですね。

coedoビールは川越じゃなかったっけか?以前、”鏡山”というお酒の蔵見学で川越まで来ましたが、そんな話があったように記憶が。

しかも、小江戸=川越と。。。。。

聞くところによると、前までは川越工場のみだったようですが、今の生産メインはこちらなのだそうです。販売量が伸びているから。

しかし、 F10001104大ビールメーカーの工場と比べるとミニマム。写真のタンクの大きさにもちょっとびっくり。でもこれが、こだわりの造りなんですねー。

さて、”一番絞り”とはなんでしょう?

麦汁がタンクの中に出来ると、重力で麦のもみ殻が下に溜まります。それがフィルター濾過の替わりで、かなりきれいに濾されるそうです。それが単順に一番麦汁。大手の”絞り”ということは、やはりプレス機をかけているのかも、とのこと。農業製品は、やはり、やさしくゆっくり世に出したものは、そういう穏やかさが味に出るんだそうです。他の醸造酒でも確かに感じます。ここら辺は、大手との違いですね。批判ではありません。

で、話は戻りますが、この麦汁は甘い。それにホップを加えると、ちゃんと、味が締まるんですねー。人の技術ってすごいもんだ。

F1000108 一気に話は飛ぶけど、coedoビールは5種類売っています。

実はこのグラスレアものです。綴りが違います。coedoのはずが、koedoです。これは、間違いではなく、以前のもんだそうです。確かに、デザインでもKよりCのほうがおさまりがいい!この辺はほんとオシャレだと感じます。

飲んでみて。僕はこれくらいの小さなグラスで飲むのが好きです。紅赤というサツマイモの原料のビール(正確には発泡酒)は、カラメルの焦げたような、ロースト感があって味がしっかりタイプのビールでした。一押し!

ビールは惰性で飲む機会が多かったけど、こんなにゆっくり飲めるのは至福の時。やっぱり超、工業製品と感じていたからかな?

地ビールという名称はやめて、”クラフトビール”と呼びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

有名な地酒を飲んでみた!

F1000106今一番希少価値がある地酒の”十四代”をいくつか飲んでみました。もちろん、当方で入荷できる代物ではありません。

どこのお店とは公開しませんが、、、、、

最初に、このお店では食前酒で無濾過の十四代をカラスミと一緒に頂きました。非常にりっぱなカラスミで、ちょっと飲みづらい無濾過のお酒とは相性が合っていると感じました。

まぁ、とにかくこのお店は肴がすべておいしかった。食材も超一流。もちろん値段も超一流。飲みすぎでしたからね。。。。

そのあとは、黒龍のひやおろし×2、天明のひやおろし、瀧自慢のひやおろし×2、十四代雄町×2と。。。。たぶんそのくらい。。。。飲んだと思います。

ひやおろしは、すっきり感があるというよりは、味が濃いめで、肉やら、白子の揚げ物やらにはぴったりでした。写真撮っとけばよかったのですが。僕は瀧自慢がよかった!

十四代雄町は、雄町の他の酒とそんなに変わらない気がしました。やっぱり十四代のキモは本丸かなぁと。

酒はとにかく、今をときめくブランドシリーズでした。店主さんも日本酒を売りたいという意志がはっきりしていてすばらしかったと思います。

~~~

酒屋として、最近残念に思うのは、有名ブランドだけを売るのは果たしてどうか?売れない時代からがんばって売った人は別として、昨今ではそれだけを求める輩が多いと思う。10年前くらいは、外に久保田を並べて、新潟地酒ありますという店が多かった。それだけで店は潤っていたかもしれないけど、飲食店のキモは、料理、肴のはず。小手先だけのブランド品を並べて売る手法は続きませんよ。と若い、とっぽい飲食店の店主には言いたい。地酒屋もそこら辺、交通整理をしないと結果日本酒が売れなくなる要因を作っていることになるのではなんてことも考える。

★しかし、このお店は、ブランド品を並べていて、始めはアレルギーが出そうだったが、とにかく肴が全部旨かったので、納得でした。ごちそうさま~合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

結婚式♪

F1000105 晴天の中、結婚式がありました。僕の年ではもう20回程度式には参加していますが、久しぶりにいい結婚式だったと思います。

この写真はサンプル映像ではありません。アングルを考えて花まで入れてみました。いかがですか??とても携帯のカメラとは思えない?

まぁ、しかし、

    本当にお二人おめでとう!いつまでも明るく楽しい家庭を!

F1000103

しかし、このタコ入道のような人。いつの間にか自分からこの姿に!

どうですか、この鍛え上げられた体。皆正装しているのに。

お約束でプールに入るはずが、従業員に止められて。ダイナシです。

だったらプールなんて造るなよ。トホホ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

始めの一歩

すでに日にちが経ってしまいましたが、去る10月13日に竹橋にあるKKRホテルで日本酒の”秋の目聞き会”があり、出席してきました。12蔵の出席です。

僕も、もう何回出席しているかわかりませんが、この会は、数あるいろんな試飲会の中では非常に好きなんです。

F1000098というのは、なんとなく、蔵元さんの自主性があって一番フランクに話が出来るから。他の試飲会だと会の主催者の意向が出過ぎと感じる事も多々あります。これだけ蔵元を揃えました、的な。

写真は獺祭(だっさい)のブースで撮影。とうとう、グラスまで作っちゃいました!飲食店でのアンチ注ぎこぼし!!のため。これで2割3分が飲めるなら♪。ちょっとハイソ感たっぷりですな。F1000101_3

写真は旭酒造の木下さん

よくデパートの試飲コーナーにいらっしゃいます。

獺祭の蔵は皆さん若い方ばかりです。それがフレッシュさを出しているのかもしれません。

~~~~

しかし、今回は他の酒蔵ブースで山廃、生もとが多くなったような。今の流れ?これからの流れ? 果たして?

うちの酒屋のホームページができました。まだまだ操作に慣れなくて大変ですが見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年11月 »